NFT 暗号資産

【NFT投資】話題のENS「.ether」を徹底解説!「.eth」との違いや購入方法も紹介

2022年10月13日

Ape

「イーサリアムネームサービス (ENS)」というサービスを聞いたことあるでしょうか?

何ですか?それ

Pandies
Ape

イーサリアムネームサービス は、「Ethereum Name Service:ENS」の略で、Web3.0におけるウォレットアドレス、ハッシュ、など機械で読み取り可能な識別子のためのネーミングサービスです。

読みにくい文字列データを読みやすいアドレスに変換してくれます。

普段のWebサイトで使われているDNS (ドメイン名システム) なら聞いたことあります!

それと同じような仕組みですか。

Pandies
Ape

そうですね!

Web2.0におけるDNSに対して、Web3.0の根幹的なサービスが、ENSがそれになる可能性があるということで、かなり注目されていました。

しかしながら、ENSの中でも、たくさんのサービスがあります。今まで一番有名なものは、「.eth」になりますね!

Ape

で、最近新しい注目のサービスも出てきました、「.ether」というサービスです。

今回はこの「.ether」について紹介したいと思います。

えぇ~そうなんですね。ぜひいろいろ教えてください!

Pandies
bitFlyer

本記事で分かること

  • 「.ether」の特徴および「.eth」との違い
  • 「.ether」の買い方
  • 「.ether」複数ドメインを購入する際のお得の買い方

「.ether」の特徴および「.eth」との違い

「.ether」は、イーサリアムスマートコントラクトで開発されたWEB3.0におけるネーム サービスプロジェクトです。

他のENSネームサービスとの比較(主な利点)

 .ether ネーム サービスその他のENS
❶ 1回払い
❷ 紹介プログラム
❸ 正しい文字セット
❹ 適正価格&フェアローンチ
❺ Mintable & Saleable サブドメイン
クリエイター手数料 0%

さらに詳しく見ていきます!

❶1回払い

「.ether」ドメインの一番の特徴は、一度購入するだけで、それはずっと保有できます。「.eth」の年会費を払う必要があるのに対して、「.ether」はそのような維持費がかかりません。

❷スマートコントラクトによる紹介プログラム

「.ether」 プロジェクトの紹介プログラムは、スマートコントラクトと直接連携して、紹介するたびに、即時に紹介料が支払われます。

紹介リンクからの購入で、どのユーザーでも 20% 割引になります。

普段では紹介者が20%の紹介料が獲得できます。ウォレットに 「.ether」ドメインが登録されている場合、30%の紹介料が獲得できます。

❸正しい文字セット

「.ether」ドメインでは、ラテン文字と数字のみを使用できます。

このようにして、悪意のある使用を防ぎ、供給量を低く抑えることができます。

❹公正の価格設定とフェアの発売

「.ether」ドメインでは、文字数による支払いはありません。価格はすべてのユーザーとすべてのドメインで同じです。

「.ether」プロジェクトは、公平に、全員に対して同時に開始され、販売開始前は、ether.ether のアドレスのみが登録されていました。それ以外に、何百万ものオプションがすべてのユーザーにとって公平のものでした。

ちなみに、「.eth」ドメインでは、文字数によって値段が変わります。

❺MINTABLE & SALEABLE NFT サブドメイン

「.ether」は、他のENSのネーム サービスと比較して、サブドメインに対する考え方が全く違います。

他のサービスでは、サブドメイン用に個別の nft は作成されないため、作成されたサブドメインを他人に販売することはできません。

一方、「.ether」では、作成されたサブドメインごとに NFT が作成されます。また、所有しているドメインを公売することもできます。

簡単な事例:

たとえば、11111.ether というアドレスがあるとします。このアドレスで無料で好きなだけサブドメインを作成できます。たとえば、00.11111.ether とか、99.11111.ether というアドレスを作成できます。なお、サブドメインの作成は、ドメイン所有者にとって常に無料です。

ただし、このドメイン名を所有することで、パブリック セールを開始できます。たとえば、0.01 ETH の価格を設定し、公開セールを有効にすると、誰でも gates.ether にサブドメインを登録できるようになります。

ユーザーが来て、00.11111.ether または、99.11111.ether を登録すると、0.01 ETH を支払い、0.009 ETH (10% の手数料) が即時にドメイン所有者のウォレットに支払われます。所有者のドメインからサブドメインを登録したユーザーは、所有者とは別にサブドメインを管理または販売することができます。

※本項目の概要は、公式ページの英語文面より本サイトの管理人が翻訳し、全体構成に対して少し修正を加えています。

「.ether」の購入方法(図解あり)

「.ether」の購入の流れを簡単に説明していきます。

購入の流れ

  • 紹介リンク(https://ethername.domains/?r=0368.ether)を開く。
  • 好きな名前を入力して、設定可能かどうかを確認する。
  • 設定可能な名前であれば、「登録(Register)」をクリック。
  • 購入金額およびメタマスクのガス代を確認して、問題なければ「確認」をクリック。
  • 購入が完了すると、完了画面が表示される。

1.紹介リンクを開く。

https://ethername.domains/?r=0368.ether から接続したら、

メタマスク(Metamask)ウォレットをつなぐと、以下の画面になります。

割引適用の値段

紹介リンクから開かないと、割引の「0.016eth」と表示されないので、ご注意ください。

紹介リンクではない場合は、購入金額が「0.02eth」になります。

割引のない値段

2.好きな名前を入力して、設定可能かどうかを確認する。

名前入力欄に好きな名前を入力します。ラテン文字と数字しか対応しません。

その名前が既に登録されている場合は、赤文字の「Taken」が表示されます。

登録可能な場合は、緑文字の「Available」が表示されます。

3.設定可能な名前であれば、「登録(Register)」をクリック。

メタマスクのポップアップが出てきて、購入金額およびメタマスクのガス代を確認します。

問題なければ「確認」をクリック。

4.購入が完了すると、完了画面が表示される。

全体の流れを、以下の分かりやすく図解を合わせてご確認ください。

「.ether」の2個目以上ドメインのお得な購入方法

上でも紹介したように、「.ether」サービスの大きな特徴の一つは、紹介制度にあります。

紹介リンクから購入すると、購入者が割引の値段になりますし、紹介リンクの持ち主も一定の報酬が得られます。

ということで、2個以上のドメインを購入したいなら、自分の招待リンクを利用すれば、自分にも報酬が入ります。いわゆるダブル割引が受けられます。

他のところで、自分がより多く報酬が入るために、招待リンクのことを全く伝えず、「どんどん買って!」と宣伝ばかりする人もいます。
本ブログでは、読者の皆さんを一番に考えて、この方法を紹介していますので、2個目以降のドメインを購入する場合は、ぜひこの一番お得な方法でやってみてください。

それでは、自分の招待リンクの確認方法を確認しましょう。

招待リンクの確認方法

  • まず、WEB画面右上のウォレットをクリックして、詳細画面を開きます。
  • 「Your Referral Address」の下に、招待リンクが表示されます。
  • 報酬については以下のように記載されています。(日本語に翻訳しました)

普通のアドレス(何も設定せず)から招待すると、0.004ethの報酬が得られます。
0.006ethの報酬を得るためには、.etherアドレスを登録し(Set Primary Address)、そのアドレスの招待リンクを利用してください。

ということで、.etherアドレスを一度設定しましょう。

招待リンクの設定方法

  • 自分の詳細画面に、すでに購入したドメインのアドレスが表示されています。
  • その右側にある「建物のマーク」にカーソル合わせると、「Set Primary Address」と表示されます。(上の図)
  • その「建物のマーク」をクリックすると、メタマスクのポップアップが出てきます。
  • Gas代を支払って「確認」をクリックしたら、設定できます。

無事設定できたら、「建物のマーク」が消えます。設定したドメイン名が白色から青色に変更されます。
合わせて招待リンクが変更されていることも確認してください。(下の図)

まとめ

今回では、新しいイーサリアムネームサービス (ENS)のサービスの「.ether」を紹介しました。

このサービスがどこまで伸びるか、今後の主要サービスになるかどうか、正直分かりません。

しかしながら、既存のENSサービスに比べて、優れた仕組みが結構盛り込まれています。その部分に期待して、個人的には8ドメインほど購入しました。

WEB3やNFTの世界では、詐欺のプロジェクトも多数存在しますので、金銭の余裕があまりない場合は、大きな規模での投資をお勧めできません。(投資は自己責任で)

なので、本ブログでは一貫して、FreeMintやGiveawayを推奨しています。

少ない金額で手軽に初めて、リンクを抑えて大きなリターンを狙う!そのようなNFT投資法です。ぜひ以下の記事を一読して、楽しくNFT投資をやっていきましょう!

おすすめ記事

【2022.10最新】NFTの稼ぎ方6選|
「フリーミント」「ホワイトリスト」「短期転売」、徹底解説


-NFT, 暗号資産

  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 69,688.00 0.64%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 3,743.46 1.05%
  • bnbBNB (BNB) $ 613.22 0.85%
  • solanaSolana (SOL) $ 179.05 2.51%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.529172 1.14%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.721592 0.02%