NFT 便利方法

【NFT始め方】NFTで稼ぐための各種ツール、わかりやすくまとめました!

2022年9月9日

NFTで稼ぐには、各種サービスやツールの活用が必須です。
本記事では、これらを用途別に分類し、分かりやすくまとめます。
ぜひご活用ください。

1.仮想通貨ウォレット&資産管理

サービス名概要

Metamask(メタマスク)

WEB3で最も使われているウォレット。

イーサリアムやERC20トークンなどの仮想通貨の送受信や管理ができるだけでなく、イーサリアム基盤上のNFTの保管にも使用される。最近では、NFTゲームやDeFiなどのプラットフォームを利用する際に、MetaMaskを接続して使用することになる。

Zerion(ジリオン)

イーサリアムやBSC、Polygon等のウォレットで保有しているアセットを一元管理できるサービス。仮想通貨やNFTの種類や評価額、推移を確認できる。

自分のウォレットだけでなく、ウォレットアドレスが分かれば、だれの資産でも確認できる。取引履歴が見やすく。CSV出力もできるという特徴を持つ。

Zapper(ザッパー)

基本機能はZerionと似ているが、流動性を重視するDeFi投資家に最適なサービスです。

ウォレット内にある暗号資産以外にもDeFiでの運用状況(ファーミングなど)も表示してくれる。

Ledger Nano X  

 

代表的な暗号通貨ハードウェアウォレット。

ビットコイン(Bitocoin)、イーサリアム(Ethereum)など、 数多くの暗号通貨に対応しているだけでなく、NFTの管理も可能。 保有通貨は、専用アプリケーション「Ledger Live」を使って一元管理。 堅牢なセキュリティで暗号資産を守りる。

2.NFT取引所

サービス名概要

Opensea

「OpenSea」はNFT売買できるマーケットプレイスで、最もメジャーなサービス。利用者数が多く、出品できるNFTの種類も豊富なため、NFT初心者の方に一番おすすめのサービス。

優れた所:
・利用者数がダントツ1位。流動性が高い。
・各種ブロックチェーンに対応してる。
・ロイヤリティや販売方式を設定できる。

弱点:
・取引手数料が2.5%と高い。
・拡張機能なして希少性が確認できない。

X2Y2

OpenSeaにとって最も強力なライバルを目指す、NFTマーケットプレイス。機能と使い方はOpenseaと大差ない。

優れた所:
・拡張機能なして希少性が確認できる。
・NFTの取引手数料はOpenSeaの2.5%よりも安い2.0%になる。

弱点:
・利用人数はOpenseaと比べてまだまだ少ないので、流動性がちょっと低いため、X2Y2で出品したものが簡単に売れないところが難点。

Element

「主流のマーケットプレイスを集約し、お金と時間を節約する!」というコンセプトで作られたNFT集約型取引所。

優れた所:
・自身(Element)のプラットフォームで売買するだけでなく、OpenseaとLooksRareにも一括でリスティングできる。(X2Y2はこれから対応予定)
・ガス代が安い。今ならガス代が10回キャッシュバックするキャンペン(11月5日まで)をやっている。
・業界最小取引手数料+取引報酬

弱点:
・利用人数がまだまだ少ないため、流動性が低い。
・日本語対応していない。(英、中、韓が対応している)

3.NFT売買追跡・分析ツール

ここで紹介するのは、NFT売買するために特化したツールたちです。
株式を売買する際には、楽天証券やSBI証券で、それぞれの銘柄のチャット図がありますよね。
NFTも常に値段が変動しているので、その売買履歴をチャットにして分かりやすく確認することができるのはこれらのツールの特徴です。こんな感じ⇩⇩⇩

NFT SCORINGのキャプチャー画像
サービス名概要

NFT SCORING(NFTスコアリング)

 

NFTScoringは、NFTを売買する際にスマートな決定を下すために必要なすべての情報をNFT投資家に提供するというコンセプトで作成された。Ethereum NetworkのOpenSeaを通じて作られた75,000以上のNFTプロジェクトのトランザクションを追跡し、絶えずに新しいプロジェクトをリストアップしている。

優れた所:
・登録なしで使える、無料プランでも十分使える。
・あらゆる指標を分かりやすくまとめている。
・画面が分かりやすい。

弱点:
・有料プランは高め(0.15eth/1months、0.33eth/3months、0.6eth/6months)
・日本語対応がない。(英のみ)

NFT Nerds

 

NFTNerds は、MetaMask ウォレットに接続する必要がある、NFTプロジェクトのトランザクションを追跡するツール。

優れた所:
・シンプルの画面で見やすい。
Mintsという画面で、現在mint進行中のプロジェクトが見える。

弱点:
・Metamaskよる承認が必要
・日本語対応がない。(英のみ)

固有NFTを保持すれば生涯プランを利用できる。有料プラン(0.09eth/1months、0.45eth/6months)

NFTFlip

めちゃくちゃ優秀のNFTトランザクションの追跡、分析ツール。8月末までは、ベータ版として配布し、たくさんの方にallowlistを与えて、無料提供していました。私もほぼ2か月を使用しました。

優れた所:
・NFT ScoringとNFT Nerdsのいいとこ取りの感じで、情報量が豊富にもかかわらず、画面が非常にシンプルで分かりやすい。
・現在は有料プランになったが、上記2つのツールと比べて、値段が良心的(0.05eth/1months、0.2eth/6months)

弱点:
・無料プランはNFT Scoringより衰える。
・日本語対応がない。(英、中)

D-Tool

 

Zerionのように自分のアカウントのポートフォリオ、所持のNFTを確認するだけでなく、NFT SCORINGのように各NFTプロジェクトの売買状況をモニタリングできる、NFTリアルタイムMintの状況確認できるなど、様々な機能が搭載されている。

優れた所:
・プラグインも豊富で必要なものがあれば追加できる。
・1ヶ月プランは無料NFTをMintしたら利用できる。
・日本語対応している。

弱点:
・機能が様々あるだが、それらを全部特化しているのではなく、少し中途半端な気がする。
・PCにダウンロードして利用するので、少し面倒。

固有NFTを保持することで、各種プランを利用できる。
・Common PASS:FreeMint/1year(一部の機能が利用制限)
・Premium PASS:0.04eth/1year
・Lifetime PASS:0.1eth/LifePlan
★ちなみに、公式ページより、Openseaで購入するとお得になるPremium PASSLifetime PASS
★逆にCommon PASSは、Openseaのフロア価額が0ではない

 

4.NFT Mint用ツール

サービス名概要

gem

gemは、あらゆるマーケットプレイスを集約したNFTアグリゲーターです。色々なサイトを行かずともgemだけでNFTを閲覧、購入することが可能。

優れた所:
・NFT一括売買することができる。ガス代の低減につながる。
・NFTリアルタイムMintの状況が確認でき、そのまま購入できる。

弱点:
・日本語対応していない。(英のみ)

5.その他サービス

サービス名概要
DEGENKNOWS
 

上記紹介しているZerion、Zapperと基本的な機能が似ていますが、
ただし、現在は試し版が出ており、allowlistをもらわないと使えない。

私個人的には、特別にallowlistをもらったので、今後は利用レビューをしていく予定。

traitsniper

 

Trait Sniperは、NFTのレアリティー(希少性)を計測するランクツールで、GoogleChrome(グーグルクローム)の拡張機能をダウンロードすることで、Openseaで直接にNFTのレアリティーを確認できる。

無料で使いやすいだが、たまにレアリティーを表示できないこともある。

これからも随時、NFTを稼ぐための有用性が高いサービスやツールを追加していきます!
また、各ツールの詳細の利用方法もわかりやすく紹介していきたいです!ご期待ください!!

おすすめ記事:
【NFTの始め方】NFTで稼ぐための仮想通貨取引所、わかりやすく比較してみた!

-NFT, 便利方法

  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 62,831.00 6.39%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,941.77 8.71%
  • bnbBNB (BNB) $ 545.25 8.76%
  • solanaSolana (SOL) $ 133.70 12.01%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.467072 14.36%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.637291 16.46%