便利方法

Optimistic(オプティミスティック)からトークン(ETH)を引き出す方法

2022年9月4日

Optimistic(オプティミスティック)にETH(イーサリアム)を送金したものの、どうやって元のETHメインネットワークに戻すでしょうか?
今回は、トークンをLayer2(Optimistic) からLayer1(ETHメインネットワーク) に戻す方法を紹介します。
なお、Optimisticについての説明はぜひこちらの記事をご覧ください。

Optimism Gatewayを使って、資産をイーサリアムLayer1(ETHメインネットワーク) に戻すことができます。

オプティミスティックイーサリアム (Optimistic Ethereum)(OΞ) ネットワークで不正行為を検出するのに十分な時間を確保するために、出金プロセスには 7 日間かかります。

資金を引き出すには:

Step1.Optimism Gatewayを開く
Step2.クリックConnectしてウォレットを選択します

Withdrawタブをクリックします。ネットワークにまだ接続していない場合は、ゲートウェイから ネットワークに切り替えるように求められます。
Step3.引き出したいトークンを選択します。 は、ローンチ時に限定されたトークン セットのみをサポートし、時間の経過とともにさらに追加されることに注意してください。


Step4.L2からL1に引き出したいトークンの量を入力してください
Withdrawボタンをクリックします

Step5.免責事項をお読みください。悪意のあるアクティビティが発生した場合に が検証者にトランザクションを確認し、詐欺の証拠を提出するのに十分な時間を与えなければならないため、出金が利用可能になるまでに処理に 7 日かかること注意してください。

Step6.Withdrawをクリックし、ウォレット内の取引を確認し、出金リクエストを送信します。この取引はすぐに処理され、7 日間の待機期間が開始されます。これはL2トランザクションであるため、ガス料金は比較的低くなります。ただし、7 日間の待機期間の後、Layer1で ~500k のガス トランザクションを送信して資金を請求する必要があります (ステップ 12)。

Step7.取引はほぼ瞬時に確認されます。トランザクションが Layer1 で請求できるようになる日時をメモしましょう。時間になったら、このガイドに戻って以下のStep8 ~ 10 を完了し、アセットを請求してください。

(以下手順8~10の図は公式ページから引用しました)
Step8.7 日が経過すると、アセットを請求できるようになります。
ゲートウェイに戻り、右上隅にあるウォレット アカウント ボックスをクリックして、最近および保留中の引き出しを表示します。トランザクションには、 というラベルの付いた黄色のドットが表示されPending Relayをクリックします。

Sstep9.Claim Withdrawalをクリックすると、リレー トランザクションを送信できる Etherscan ページが開きます。このステップでは、Layer1 トランザクションを送信して、Layer1 ブリッジ コントラクトから引き出した資金をLayer1ウォレットに戻します。

Step10.Etherscan のページで、Executeをクリックするだけで資金を受け取ることができます。これは Layer1 トランザクションであるため、ウォレットが Ethereum メインネットに接続されていることを確認してください。トランザクションはおおよそ消費500k gasし、引き出した資産をウォレットに戻します。

そのトランザクションがLayer1イーサリアムによって処理されると、資産がウォレットに到着します。これで完了です。

お疲れ様でした!!

-便利方法

  • bitcoinBitcoin (BTC) $ 63,097.00 5.68%
  • ethereumEthereum (ETH) $ 2,951.17 8.17%
  • bnbBNB (BNB) $ 542.45 9.18%
  • solanaSolana (SOL) $ 132.06 12.85%
  • xrpXRP (XRP) $ 0.460957 15.13%
  • matic-networkPolygon (MATIC) $ 0.631858 17.27%